楽天Edyのメリット・デメリットを徹底解説!楽天Edyの使えるお店も合わせて紹介

 

「小銭を持っているとナメられる」なんてヤクザ映画のセリフがありました。なるほど、歩くたびに小銭の音がしたら、大人物の威厳は感じられませんよね。
そんな見栄とは関係なく、今、小銭を持たない人が増えています。
電子マネーが普及し、クレジットカード、デビットカード、プリペイドカードといった、現金を持たなくても支払いができる方法が当たり前になりました。小さな買い物の度にいちいち小銭入れを出さなくても、カードのワンタッチで支払いが出来ます。便利な世の中になりましたね。

今回はその中でも、特に利用できる店舗が多く、電子マネーの代表ともいえる楽天Edyをご紹介します。

楽天Edyを利用するメリットやちょっと気になるデメリット、楽天Edyが使える店舗のご紹介から、楽天Edyを実際に入手する方法まで、詳しく解説します。

まずは楽天Edyを使うと、どんな良いことがあるのか見ていきましょう。

楽天Edyを使うメリットはこれだけある!(大見出し)

まずは皆さんが一番気になる「楽天Edyにはどんな良いことがあるのか」。
たくさんあるメリットから見ていきましょう。

・支払いが簡単(中見出し)
なんといっても代金の支払いが簡単になります。電子マネーを使う一番のメリットですね。具体的に見ていきましょう。
・小銭が不要(小見出し)
コンビニなどで小さな買い物をする時、小銭を出すのは面倒ですよね。財布に大きいお札しかなくて困ることもあります。楽天Edyならカードなどを端末にかざすだけ。面倒なお金の受け渡しがありません。小銭入れを持ち歩く必要がなくなります。

・支払い時間が短い(小見出し)
レジでお金を支払う時間がとても短くて済みます。カードを端末にかざすだけで支払いが完了しますので、現金での支払いに比べて速いのはもちろん、サインや暗証番号の入力が必要なクレジットカードよりもスムーズです。

・ポイントが貯まってお得(中見出し)
人によってはこれが一番のポイントでしょう。楽天Edyを使うとポイントが貯まるため、現金で支払うよりもお得になります。

・楽天スーパーポイントが貯まる(小見出し)
楽天Edyを使えば、楽天スーパーポイントが貯まります。ポイントの分だけ現金で買うよりもお得です。通常200円(税込)の買い物につき1ポイント貯まるので、10,000円の買い物だと50ポイントです。買い物代金の0.5%がポイントとして戻ってくることになります。「ポイントプラス加盟店」で利用すれば獲得ポイントは倍になり、代金の1%がポイントとして貯まります。
また、楽天Edyでは毎月さまざまなキャンペーンを行っています。利用した分のお金が抽選でポイントとして戻ってくるポイントバックなど、通常のポイント獲得以外にもお得な機会があります。

・他のポイントも貯められる(小見出し)
「楽天」と名前がついていますが、おサイフケータイなどを使えば、楽天スーパーポイント以外のポイントが貯まるように設定を変更出来ます。PontaポイントやTポイント、ANAのマイルなど、多くの種類から選んで設定出来ます。

・楽天スーパーポイントを普段の買い物に使える(中見出し)
「買い物で楽天スーパーポイントが貯まったけど使う機会がない」という方に楽天Edyはお勧めです。Edy付き楽天カードまたはおサイフケータイ利用者なら、楽天スーパーポイントと楽天Edyを相互にそのまま交換できます。貯まっている楽天スーパーポイントを楽天Edyに交換すれば、余っていたポイントを日常生活の買い物に使えます。

・使えるお店が多くて便利(中見出し)
いくらポイントが貯まるといっても、使えるお店が周りになければ意味がありません。楽天Edyは実際の店舗やネットショップなど、全国50万ヶ所以上の店舗で利用可能です(※2017年9月1日時点)。牛丼チェーンの「すき家」など、クレジットカードが使えない店舗でも楽天Edyが使える場合があり、便利です。
楽天Edyが使えるお店は、通常入り口付近に楽天Edyのロゴマークが小さく表示されています。普段使っているお店でも楽天Edyが使えるかも知れません。一度注意して見てみましょう。

・クレジットカードより安全な面もある(中見出し)
クレジットカードはお金を使いすぎるかもしれないし、番号を盗まれるかもしれないと不安な方に、楽天Edyはお勧めです。

・クレジットカードより限度額が少ない(小見出し)
楽天Edyのチャージ限度額は5万円です。毎月チャージする量を決めておけば、衝動買いで大きな買い物をするのを防げます。また、限度額が少ないので、万が一紛失したとしても、被害額が少なくて済みます。

・クレジットカードのように番号を他人に知られる恐れがない(小見出し)
クレジットカードはカード自体を盗まれる以外にも、カードに表示されている番号を知られるだけで他の人が買い物できてしまいます。しかし、楽天Edyはそういった心配はありません。
公式で販売されている楽天Edyリーダーを使えば、ネットショッピングでも楽天Edyが利用できます。ネット通販でクレジットカード番号を入力するのが不安だという人も、楽天Edyなら安心です。

・他にもあるいろいろなメリット(中見出し)
以上に挙げた大きなメリットのほかにも、色々と良いことがあります。

・お金をチャージするシステムが便利(小見出し)
楽天Edyのチャージ上限は5万円です。他の代表的な電子マネーであるSuicaは2万円。比較的大きい買い物にも使えますし、こまめにチャージする手間が省けます。
チャージの方法も、現金、クレジットカード、アプリなど、使う人に合わせて自由に選べます。

・誰でも持てる(小見出し)
クレジットカードは便利ですが、入会するのに審査があります。楽天Edyはプリペイド式ですので、クレジットカードが持てない人でも利用できます。

・有効期限がない(小見出し)
楽天Edyには有効期限がありません。Suicaなど交通系の電子マネーは10年の期限がありますが、楽天Edyは安心です。

・年会費がかからない(小見出し)
こんなに便利な楽天Edyですが、年会費は一切かかりません。楽天Edyカードの購入(公式で300円)や、おサイフケータイの携帯電話維持費などは必要ですが、楽天Edyの利用自体は無料で行えます。

このようにメリットたくさんの楽天Edyですが、利用する上で注意しておきたい点もあります。

楽天Edyの気になるデメリット(大見出し)
楽天Edyはとても便利です。しかし、便利さの裏返しとして、利用の際に注意しなければならない点もいくつかあります。

・紛失・盗難時の保証がない(中見出し)
楽天Edyを使えば、買い物にサインも暗証番号も必要ありません。つまり購入した本人でなくても使えてしまいます。現金の取り扱いと同じように、紛失・盗難には十分注意する必要があります。
楽天Edyの残高はそのカード自体に紐付けられており、楽天Edyの規定上、紛失してもチャージ残高は一切保証されず、返金されません(Suicaの場合、一部サービスは返金・再発行が可能)。楽天Edyを使うなら、なくさないようしっかり気をつけましょう。

・Edyカード内の残高は払い戻しや移行ができない(中見出し)
楽天Edyカードの残高を払い戻すことや、他のカードに移すことはできません。楽天Edyの残高がそのカード自体に紐付けられているためです。
特に注意が必要なのが、Edy機能付き楽天カードを使っていて、カードの有効期限が切れた場合です。通常、カードの有効期限間近になると新しいカードが送られてきます。
この時、古いカードの楽天Edy残高に注意が必要です。同じカード番号ですが、新カードには旧カードの楽天Edy残高は移行していませんし、移すこともできません。新カードが来たら旧カードはハサミを入れて処分しますが、Edy機能付き楽天カードの場合は、楽天Edyの残高を使い切ってから処分しなければなりません。

・楽天Edyでは買えないものがある(中見出し)
楽天Edyが使えるコンビニなどでも、楽天Edyでは買えないものがあります。切手・印紙・はがき、プリペイドカードなど、換金しやすいものは購入できません。盗まれた楽天Edyカードが現金化されるのを防ぐための対策です。他にもコピー、公共料金の支払い、通販などのコンビニ払いに楽天Edyは使えません。
切手を買いに行ったけど、楽天Edyカードしか持ってなかった…なんてことにならないよう注意しましょう。

・おサイフケータイだとスマホの電池切れに注意(中見出し)
おサイフケータイはアプリなのでスマホの電池が切れると使えない…かと思いきや、決済機能はわずかな電力でも作動するので、電池が切れても数回は使える場合があります。完全に電池の残量がない場合や電池パックが外れている場合は使えないので、電池残量を気にする必要はあります。

いくつか注意すべき点を挙げてきました。現金と同じく盗難に気をつけるなど多少の注意をすれば、支払いが簡単になりポイントが貯まるといった楽天Edyの大きなメリットを享受できます。
そんな便利な楽天Edy。実際に使えるお店がたくさんあります。具体的に見ていきましょう。

・楽天Edyが使えるお店(大見出し)
楽天Edyはさまざまな業種の、全国50万ヶ所以上の店舗で利用可能です(※2017年9月1日時点)。全てをご紹介するのは無理なので、業種ごとに主だったものだけ挙げていきます。

・コンビニ(中見出し)

・スーパー(中見出し)

・ドラッグストア(中見出し)

・ネットショップ(中見出し)

・本・CD&DVD(中見出し)

・家電(中見出し)

・百貨店・モール(中見出し)

・服飾・雑貨(中見出し)

・飲食(中見出し)

・アミューズメント(中見出し)

・サービス(中見出し)

・車関連(中見出し)

・ホテル・旅行(中見出し)

・空港・機内販売(中見出し)

以上のように、幅広い業種、店舗で楽天Edyが使えます。ここに挙げたものは一部です。他にもたくさん利用できるお店があるので、楽天Edyのホームページや身近にあるお店で調べてみましょう。

ここまで読んで、楽天Edyを実際に使ってみよう!と思った方へ、次に楽天Edyを入手する方法をご紹介します。

楽天Edyの発行場所・入手先(大見出し)
楽天Edyを使う方法は、Edyカード、Edyストラップなどのグッズ、Edy機能付きのクレジットカード、おサイフケータイがあります。それぞれについて見ていきましょう。

・Edyカードを入手する(中見出し)
まずはEdyカードを入手する方法です。300円から500円程度の購入費用はかかりますが、年会費や維持費はかかりません。クレジットカードのような審査もないので、手軽に楽天Edyを始められます。

・Edy-楽天ポイントカードを買う(小見出し)
楽天の公式から購入できます。一枚300円(税込324円)でメール便なら送料無料。宅配便なら送料が450円です(沖縄700円)。
機能は同じでデザインが異なるパンダカードやキャラクターカードもあり、それらは500円程度と多少値段が高くなっています。

・プロン党Edy-楽天ポイントカードを買う(小見出し)
「PRONTO」などを運営するプロントコーポレーション店舗での利用に便利なEdyカードです。基本的な機能は楽天ポイントカードと変わりませんが、プロントでの支払いで提示すると200円につき楽天ポイントが2ポイント(20・30日はさらに増加)貯まります。
プロン党Edy-楽天ポイントカードは、楽天公式から購入可能なほか、プロント店頭でも500円(税込540円)で購入できます。

・EdyカードはiPhoneアプリを使えばさらに便利(小見出し)
Edyカードの場合、おサイフケータイと違ってカードの残高はすぐには分かりません。しかし、iPhoneなどを持っている場合は、アプリを通して確認できます。Edyカードの残高・履歴の確認、Edyの受け取り、ポイントからのチャージ、楽天会員IDに登録されているクレジットカードからのチャージが可能です(Edyカード、iPhoneに加えて楽天Edyリーダーが別途必要)。

・Edyが使えるグッズを買う(中見出し)
上記カード形式のほかに、ストラップやキーホルダー形式のものもあります。形が違うだけで機能はカードと同じです。楽天公式から購入可能で、2018年1月時点では、楽天Edyストラップ(税込1,058円)、お買いものパンダEdyキーホルダー(税込1,000円)、キャラクターEdyストラップ(税込1,490円)の3種類があります。

・Edy機能付きクレジットカードを申し込む(中見出し)
楽天Edyカードの機能が付いたクレジットカードを入手する方法です。楽天カードが有名ですが、アメリカン・エキスプレス・カードや楽天ANAマイレージクラブカード、ライフカードなど、他にもクレジットカードに楽天Edy機能が付いたものがあります。
入手方法は、こうしたクレジットカードを申し込む際に、楽天Edy機能付きのものを選ぶことです。クレジットカードからすぐにチャージできてとても便利ですが、クレジットカードですので、申し込みの際にはカード会社による審査があります。審査には時間がかかりますし、審査に落ちる可能性もあります。その場合は他の利用方法を選びましょう。

楽天カードのお得な作り方はコチラ

・おサイフケータイにアプリをダウンロードする(中見出し)
最後はおサイフケータイを使う方法です。おサイフケータイ機能が使える携帯電話・スマホを入手して、楽天Edyアプリをダウンロードします。貯めるポイントは楽天スーパーポイントのほか、10種類以上のポイントから選べます。
おサイフケータイは残高の確認やクレジットカードからのチャージが即座にできるのが便利です。利用履歴も最大4か月分見ることができます。

まとめ(大見出し)
楽天Edyを使うメリット、デメリット、使えるお店、入手方法をご紹介してきました。
楽天Edyには、紛失・盗難など細かな注意点はありますが、それに気をつければ、多くの店舗で支払いが便利になり、ポイントが貯まるといった大きなメリットがあります。
Edyカードなら安くて時間もかかりません。おサイフケータイを持っているならアプリをダウンロードするだけです。楽天Edyが気になっている方は、この機会に始めてみることをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です